• インターネット診療予約はこちら

  • 乳児健診やお棒接種は予約制です。

    インターネット診療予約はこちら

  • お電話でのお問合せ

  • 営業時間

    027-220-1333

    予約

お知らせ

赤ちゃんの病気 ホームケアのまとめ

 赤ちゃんがなりやすい4大症状、「発熱」「咳」「呕吐」「下痢」のホームケア

についてお話します。

 

発熱

 熱の高さだけにとらわれず、機嫌や食欲はどうかなど全身の状態をチェック

して下さい。元気がなくぐったりしていたら直ぐに受診してください。

 ホームケアのポイント

  • 赤ちゃんは汗っかきで大人よりも脱水症状をおこしやすいので、いつもより多めにおっぱいやミルクを飲ませて下さい。
  • 熱の上がり始めは冷やさず、汗をかき始めたら衣類や掛け物を1枚減らします。
  • 解熱剤は、38.5℃以上で、つらそうにしていたら使います。高熱でも元気そうなら使わなくてもいいです。一度使ったら、次に使うのは6時間以上あけましょう。

 

 声がかすれて犬がほえるような咳をしたり、ゼーゼー、ヒューヒューといった音がするときは要注意です。唇の色が紫色をしていたり、激しく咳き込んでいるときは直ぐに受診して下さい。

 ホームケアのポイント

  • 水分補給をしてのどを湿らせます。
  • 湿度は50〜60%に保ちます。
  • 鼻水が出ていたら鼻吸い器などで取り除いてください。

 

呕吐

 水分がとれなかったり、元気がなくグッタリしたり、けいれんがおきたり、血液や緑色の物を吐いたりしたら直ぐに受診して下さい。

 ホームケアのポイント

  • 顔を横に向かせるなどして、吐いた物が気管に入らないようにします。
  • 吐き気が落ちついてきたら、オーエスワンやアクアライトORSなどを少しずつ飲ませます。吐かなければおっぱいやミルクを与えてもいいです。
  • 吐いた物で汚れたら、塩素系漂白剤を含ませた布でふいて消毒します。

 

下痢

 下痢の回数や量が多いために、元気がなくなりグッタリしていたら直ぐに受診して下さい。

 ホームケアのポイント

  • 水分を多く飲むから下痢が続くのではありません。下痢で失われた水分と塩分を補う必要があります。おっぱいはそのまま続けてください。ミルクは薄める必要はありません。食べられるようになれば、これまで通りの離乳食を続けて、下痢で失われた栄養を補います。
  • 下痢便はおむつかぶれの原因になります。おしりを丁寧に洗い、ワセリンなどを使っておしりを保護してください。

 

 


<< 一覧へ戻る

▲ PAGETOP