• インターネット診療予約はこちら

  • 乳児健診やお棒接種は予約制です。

    インターネット診療予約はこちら

  • お電話でのお問合せ

  • 営業時間

    027-220-1333

    予約

夜尿相談

なぜ「おねしょ」をするの?

「おねしょ」は、夜眠ている間に作られるおしっこの量と、そのおしっこをためる膀胱の大きさとのバランスがとれていないために起こります。夜間に作られるおしっこが多すぎたり、膀胱が小さすぎると「おねしょ」になります。

「おねしょ」と「夜尿症」は違うの?

幼児期に、夜寝ている間におもらしをすることを、「おねしょ」といいます。一方、5〜6歳過ぎても月に1回以上の「おねしょ」が3か月以上続くものは「夜尿症」と定義されています。
「夜尿症」は、5〜6歳で約20%、10歳で約5%に見られます。

「夜尿症」は治す必要がありますか?

「夜尿症」はそのうち治る、とよくいわれます。実際、12歳を過ぎる頃には、自然に治ることが多いのですが、まれには、成人まで続くこともあります。
さらに、小学生以上での「夜尿症」は、本人・ご家族の双方に色々な悩みや問題を起こします。たとえば、「夜尿症」が理由で、楽しいはずのお泊まり行事への参加をためらうことは、お子さんにとってかわいそうなことです。また、お子さんが自信を失ったり、いじめの原因にもなることもあります。
治療することで、「夜尿症」の問題を早く解決することは意味があると思います。

どのような治療をするのですか?

まず、生活習慣を改善することが大切です。
  • 規則正しい生活のリズムを確立
    夜更かしや不規則な生活はダメ
  • 水分の取り方に注意
    水分は、朝・昼は多く、夕方から制限、夕食は寝る3時間前まで
  • 無理やり夜中に起こさない
    無理に夜中にトイレに起こすと、夜尿が悪化することがある

生活改善で効果が不十分な場合は、お薬による治療やアラームを用いた治療を行います。 夜尿のタイプはさまざまなので、治療もいろいろです。根気よく治していきましょう。初診は予約制です。ご予約は電話にてお問い合わせください。