• インターネット診療予約はこちら

  • 乳児健診やお棒接種は予約制です。

    インターネット診療予約はこちら

  • お電話でのお問合せ

  • 営業時間

    027-220-1333

    予約

感染症情報

マイコプラズマ肺炎

 マイコプラズマ肺炎というのは、細菌とウイルスの中間の性格を持った微生物のマイコプラズマが肺に感染して起こる病気です。赤ちゃんにはあまり見られず、学童の子どもがかかりやすい病気です。軽い咳と鼻水がでて、引き続き発熱します。はじめは、風邪の診断で治療をはじめますが、次第に咳が強くなり、眠れなくなったり、食べ物を吐いたりすることもあります。子どもによっては39~40度の高熱が続く場合もあります。しつっこい咳が特徴です。

 一般的には、比較的元気で、全身状態が良いことが特徴ですが、高熱が続きぐったりする子どももいます。咳がひどいので、レントゲンを撮ってみると肺に陰影がみられます。その後の血液検査で診断がはっきりします。

 治療にはマクロライド系の抗生物質(クラリスロマイシンなど)をしっかり服用することが大事です。場合によっては入院することもあります。マイコプラズマ肺炎はうつりやすい病気です。

 咳がいつもの風邪よりも長引いている時は、マイコプラズマにかかったかもしれません。早めに受診してください。


<< 一覧へ戻る

▲ PAGETOP