• インターネット診療予約はこちら

  • 乳児健診やお棒接種は予約制です。

    インターネット診療予約はこちら

  • お電話でのお問合せ

  • 営業時間

    027-220-1333

    予約

感染症情報

はしか(麻疹)

 大流行はなくなりましたが、はしかは子どもの生死にかかわる大病です。はしかは、はしかウイルスによって起こります。はしかの人に直接接触することによってうつります。はしかは伝染力が強く、春から初夏に流行します。 潜伏期間は、10~12日です。症状は、カタル期(3~4日)、発疹期(4~5日)、回復期(3~4日)の3期に分けられます。

 カタル期(3~4日)には、38~39 ℃台の発熱、咳、鼻水、くしゃみ、結膜充血、目やにを認め、次第にこれらの症状が強くなってきます。3~4日たつと頬の裏側にコプリック斑と呼ばれる赤みを伴った白いプツプツが出ます。伝染力はこの時期が一番強くなります。

 発疹期には、熱がいったん下がって再び38~40 ℃台に上昇します(二峰性発熱)。同時に赤い発疹が額や耳の後ろから出始め、顔、胸、背中、手足へと全身に広がります。この時期は咳、鼻水、くしゃみ、結膜充血、眼やになどの症状がひどく、つらい時期です。

 回復期には、熱も下がり、咳や鼻水も治まってきます。発疹は茶色のしみになり、徐々にうすくなり、やがて消えてなくなります。

 はしかは合併症も心配な病気です。肺炎、中耳炎、脳炎などの合併症があります。肺炎は、はしかウイルスそのものによる場合と二次細菌感染とがあります。頻度は100人に5人位です。>脳炎は、症状の軽重と無関係に発疹期の高熱に引き続いてみられます。頻度は1000人に1人位です。はしかにかかって数年たってから亜急性硬化性全脳炎(SSPE)という恐い病気になることがありますが10万人に1人位ときわめてまれです。

 はしかはウイルスの病気ですから、特別な薬はありません。解熱剤は使っても差し支えありませんが、熱はなかなか下がりませんので、無理に下げようとしなくていいです。熱がある間は、合併症を防ぐために抗生物質を飲みます。

 家庭では、熱があるときは、水枕や氷枕をうまく使い、気持ちよく過ごせるようにしてあげましょう。体はたくさんの水分を消費しています。知らない間に脱水症を起こすこともあります。水分補給は麦茶や乳幼児用イオン飲料などで十分にしてください。

 はしかは子どもが亡くなる病気です。予防接種が第一です。1歳になったらはしかの予防接種を受けるようにしましょう。予防接種を受けていない子どもがはしかの子どもと接触したときは、72時間以内に予防接種を受けると発病を防げる可能性があります。早めに知らせてあげましょう。


<< 一覧へ戻る

▲ PAGETOP